COVID-19 感染モニタリングシステム
 COVID-19 感染モニタリングシステムイメージ画像(関係者内部資料)

COVID-19 感染モニタリングシステムCOVID-19 感染モニタリングシステムCOVID-19 感染モニタリングシステム

「抗体検査」スクリーニングは感染後の抗体の有無を確認するだけでなく、手軽にご自身の現状を把握でき、これまでの予防行動の確認はもちろんのこと、さらなる今後の予防行動の指針として頂けます

新型コロナ無症状者には、定期的な「抗体検査」が必要です。
「抗体検査」は感染後の抗体の有無を確認するだけでなく、手軽にご自身の現状を把握でき、これまでの予防行動の確認はもちろん、さらなる今後の予防行動の指針としていただけます。

無症状者で重要なのは「定期的」に検査を行って、正しく恐れて各個人が日頃の不安を払拭し、“新しい生活様式”を安心して受け入れ、精神的にも日常を安定化させるということです。

PCR検査、抗原検査は無症状者の検査には適していません。

無症状の方がPCR検査や抗原検査を受けても、症状が無いわけですから検査タイミングがわからず、ウィルスが増殖する前であったり、既にウィルスが減少していれば陰性と判断されて、抗体の有無も判断できません
これからは、定期的な「抗体検査」スクリーニングが重要なのです
2020年7月 白 川 太 郎

白川 太郎 医学博士

「私は末期がんでも治します」の著者、白川太郎先生が、この新しい定期的な「抗体検査」を提唱しています。

白川 太郎 医学博士

  • TS-ネットワーク:代表 京都大学医学部卒業・医師免許取得。 
  • 京都大学胸部疾患研究所付属病院第一内科入局などを経て、呼吸専門の内科医。
  • 英国オックスフォード大学医学部10年間留学。
  • 英国オックスフォード大学医学部呼吸器科講師。
    オックスフォード大学留学中に、遺伝子学、免疫学の研究者として、世界的な学術誌『ネイチャー』『サイエンス』に多数の論文を発表。日本人医学者としてトップクラスの論文引用数を誇り、世界の天才100人にも選ばれた世界的遺伝子学者である。
  • 1995年:大阪大学医学博士

はじめに・・・

私たちが推奨している「抗体検査」の位置づけとは、新型コロナウィルスにおける無症状者のために、必要以上に恐れることなく“新しい生活様式”(新しい日常=ニューノーマル)を安心・安定して暮らして行ける環境(職場)をご提供することにあります。

今すぐに新型コロナウィルスを発見して何の治療も全く必要としていない、多くの元気な無症状者のための日常に「安心・安定」を確保して頂くための施策であることをご確認ください。

何かしらの症状(発熱や咳、味覚異常・・・等)がある方は速やかに保健所か医療機関に連絡して、しかるべき処置を取って頂く必要があり、PCR検査、抗原検査はそのために存在します。

「抗体検査」は感染後の抗体の有無を確認するだけでなく、手軽にご自身の現状を把握でき、これまでの予防行動の確認はもちろん、さらなる今後の予防行動の指針として頂けます。

「COVID-19感染モニタリングシステム」とは、日々元気に暮らしている無症状の方々を対象とした、新型コロナウィルスとの共存を必要以上に恐れることなく“新しい生活様式”には欠かせない環境(職場)を獲得するために、上記の「抗体検査」スクリーニングの利点を大いに活用したシステムです。

  • 国内の感染者数推移

定期的『抗体検査』
スクリーニングのススメ

新型コロナウィルスにおける無症状者へのPCR検査、抗原検査、「抗体検査」は、どれを取ってもその時だけ1回だけの検査では、その検査時点では陰性者であっても「次の日に感染」してしまえば陽性者となります。

どの検査もたった1回だけの検査では無症状者にはあまり意味がありません。

無症状者で重要なのは「定期的」に検査を行って、正しく恐れて各個人が日頃の不安を払拭し、“新しい生活様式”を安心して受け入れ、精神的にも日常を安定化させるという事です。

職場内において定期的な「抗体検査」スクリーニングをお勧めする理由はここにあります。

Jリーグ組織やプロ野球球団は毎月の定期的なPCR検査(抗原検査)を行いますが、資材コストや機器・技師などの多くが必要となり一般的には決して現実的ではありません。

  • 抗体検査スクリーニング
    実行施設ステッカー

    抗体検査スクリーニング実行施設ステッカー

安価で簡単な『抗体検査』で
職場内感染モニタリングを・・・

「抗体検査」は比較的安価であり、検査自体も簡単で10分もあればセルフで可能です。

職場内で定期的にスクリーニングをするのであれば・・・
「抗体検査」以外の選択肢はあり得ません。

例えばある部署のスタッフの誰かが無症状でありながら感染しており、外部から持ち込んで来たウィルスによって、その部署の他のスタッフにも感染させてしまう可能性が高まります。

ここで何も対策を講じておかなければその部署はもちろん、またそこを超えて他の部署、他のセクション、顧客にまで感染が広がり「クラスター化」してしまう可能性も高まるのです。

「COVID-19感染モニタリングシステム」はこの「クラスター化を最小限に予防」させることを目的としたシステムです。

無症状者を対象とした定期的な「抗体検査」によるスクリーニングで、職場内サンプリングにて全体の安心・安全を全スタッフ共有するための管理を行いモニタリングする安価で効率的な取組となります。

※クラスター:一定の感染経路でつながりのある患者集団のこと

  • クラスター化の一例

『COVID-19感染
モニタリングシステム』
を始めてください!

まず推奨しているのは、例えばワンフロアー(各部署・部門など)において抗体検査を無症状のスタッフ全員で行い誰も感染者がいない事を確認します。

それから(フロアーにいるスタッフの数にもよりますが)毎朝一人ずつ(または数名ずつ)順番に「抗体検査」スクリーニングを受けて頂きます。(人数はあくまでも例えばです。)

「COVID-19感染モニタリングシステム」の理想形は毎朝全員で「抗体検査」スクリーニングをする事ですが、あまりに経済的ではありません。日本ではそこまで無症状者の感染者率は高くありません。

新型コロナウィルスの特徴として無症状者が感染源になってしまうことに加え、「感染力が高い」というやっかいな特徴があります。

職場内に外部からウィルスを持ち込んだ無症状の感染者がいれば、同じフロアー(各部署・部門)の誰かに感染させている疑いがあります

新型コロナが「感染力が高い」ことを逆手に取り、そこを探るようにして毎日サンプリングを行い、職場内全体を毎日モニタリングして行く・・・といった手法です。

iPhone画面 (PC画面でも表示可能)

※画面内の施設名、人物名、登録内容及び結果はサンプル・シミュレーションです。

毎朝の15分サンプリングで感染モニタリングするだけです

「COVID-19感染モニタリングシステム」は職場内の各フロアー(各部署・部門)において、毎朝一人ずつ(または数名ずつ)「抗体検査」スクリーニングし、その都度WEBアプリケーションに登録・管理して頂くだけです。

所要時間は慣れれば10分〜15分くらいです。

例えば定期的な「抗体検査」スクリーニングを毎月2回、1日と15日などに全員で一斉に行うのではなく、それを毎日一人づつにバラして行おうという考え方です。

同じ定期的な「抗体検査」スクリーニングをするならば、効率的なこの手法を選択しない理由はありません。

もし総勢30人いるとすれば、各個人の月一回(30日)の定期的な「抗体検査」となります。毎朝一回の「抗体検査」でお一人あたり数千円というコストです。

それ以上にコストを落とすには毎日ではなく、2日に一回にすると各個人の検査は2ヶ月に一回となります。ここは予算に合わせて設定することになります。

  • 登録画面

陽性者が出た時の対処法

無症状の方の陽性は「これ以上他の人に感染させない」事に専念して頂きます。 他者との接触を出来るだけ控え、大事を取って7日間の自宅待機を推奨しています。

個人の結果画面に感染予想期間が表示されますので、その期間あたりのご自身の行動などを振り返ってみてください。この振り返りをベースとして頂き、是非とも今後の感染予防の行動に活かして頂きたいのです。

どうしても「抗体検査」陽性結果が気になる方は医療機関の医師の指示に従ってください。または保健所に連絡を入れてPCR検査を受けてください。ただし、自治体によっては症状が無いと受けさせてもらえない地域もあります。

「抗体検査」スクリーニングにおいて「陽性」が出ても政府や自治体に報告する義務は一切ありません。

  • 個人結果画面

    • 陽性確認日から逆上って、感染したであろう感染予想期間を算出しています。
    • 過去の経緯や行動を思い出して、今後の感染予防行動に活かしてください。

陽性者が確認されても決してあわてないでください

もし陽性者が確認された時は速やかにフロアー(各部署・部門)全員で、再度一斉検査をして頂き、他の誰かも感染しているかどうかを調べます。
 
その陽性者と感染してしまった疑いのある陽性確認された方(その逆の場合もありますが、ここではそこを追求する必要性はありません。)にはスグに約7日間の自宅待機をお願いしてください。  
 
既にこの時点でウィルス自体は無くなっている可能性が高いと思われますが、何分新型コロナウィルスに関してはまだまだ3〜40%しか解明されていないという情報もあります。

ここで決してあわてないでください。
是非、ひと呼吸を置きましょう。

どちらにしてもその陽性が確認された方はそれまでも無症状だった訳であって、「抗体検査」を受けていなければ恐らくご本人はそのまま何の支障もなく日常日時は経過していたハズなのですから。

大事を取って約7日間の自宅待機をすることにより、職場内の安心・安定を日常化して頂ければと考えます。

  • 全リザルト画面

最後に

PCR検査、抗原検査はあくまで病名の特定(治療法の選定)の手段であり、何かしら症状があって陽性が出る時は感染力が高くなっている時期ですから、検査時はもう既に他者へしっかり感染させてしまった後の可能性が高いと言われています。

また、無症状の方がPCR検査や抗原検査を受けても、症状が無いわけですから検査タイミングが難しく、ウィルスが増殖する前であったり、既にウィルスが減少していれば陰性と判断され、抗体の有無も判断できません。

PCR検査、抗原検査はそもそも無症状者の検査には適していないのです。

 

巨人軍の坂本選手は球団全体の「抗体検査」が陽性~練習試合参加~PCR検査が微陽性~でまだ感染力が残っていたとも判断されます。
個人差や各検査の精度等もあり100%の結果は期待できませんが、各検査も定期的に行えば行う程に100%に近づくのは言うまでもありません・・・。

定期的な「抗体検査」スクリーニングを実施して、「安心」を得た「ニューノーマル」をお過ごし頂けます

    • 「COVID-19感染モニタリングシステム」は、高精度のWATMIND社製の「抗体検査キット」での活用を進めることを大前提としています。
    • WATMIND社製「抗体検査キット」は検査結果の解釈において「IgM 弱+」を設定しています。

啓蒙活動

  • 抗体検査スクリーニング実行施設ステッカー

    抗体検査スクリーニング実行施設ステッカー

  • Tシャツ

私は無症状での「検査」をすべきだと考えています。
「検査」とは有病率が低いので疑陽性が非常に多く出ます・・・でも偽陰性は非常に少ないのです。
つまり陰性であれば「罹患していないと判断して良い」ということです。

疑陽性が多いから、罹患していない人が患者として隔離される問題・・・を言う人がいます。
これは医療の現場を知らないからではないか・・・と私は思います。

例えば、献血の時、HIVの「抗体検査」を必ずします。
HIVの有病率が低いから「無駄だ!」「すべきでない!」・・・と言う人はいないでしょう。

大切なのは「はじめの検査で陽性」だったときには、「確定のためのPCR検査」をするのです。
この場合は検査陽性群の中での有病率は格段に上がり、2回目の検査での陽性率は格段に高くなります。
医療現場では検査は2段階で行われます。一回目がスクリーニング検査、これは多くは「抗体検査」で、陽性例を確実にために疑陽性がかなり含まれます。

逆にスクリーニング検査で陰性ならば、ほとんどは「真陰性」で、このように設計されているからです。精密検査としてPCR検査は感度は少し低くても確実に遺伝子そのものを捉える検査です。

2回することで精度が格段に上がることがご理解いただけたでしょうか?

実際、妊娠初期検査でHIVを全例調べます。当然疑陽性が高いです。
でも、私が医者になってからずっと妊娠初期検査でHIVが陽性になったのは、たったわずか2例です。

この場合も、妊婦はショックを受けますが、私は必ず患者にこれはスクリーニング検査だからほとんどが疑陽性であると伝えます。PCR検査では2例とも陰性でした。

つまり、母集団が大きいと疑陽性の数はかなりの例になります。これを数字だけみて、多い少ないを判断してはいけないということです。 数は多くても臨床で実際に経験することはほとんど無いのです。 2020年8月 西 谷 雅 史

産婦人科 響きの杜クリニック院長:西谷 雅史 医学博士

産婦人科 響きの杜クリニック
院長:西谷 雅史 医学博士

  • 1956年東京生まれ/北海道大学医学部卒業
    札幌厚生病院産婦人科主任部長を経て
    2006年 響きの杜クリニック開業
  • 医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本東洋医学学会専門医、統合医療学会北海道支部長、日本ホリスティック医学協会理事、響きの杜ネットワーク主宰、西野流呼吸法札幌同好会主宰、玄心流日本拳法師範。
  • 札幌厚生病院では1,500例以上の手術を執刀。
    更年期障害の治療にかかわる中で「気」の世界に興味を持ち、太極拳、西野流呼吸法、中国気功を実践し「気」の存在を確信。
  • 人間の「気」と自己治癒能力に働きかける代替療法を数多く学ぶ。
    病気を意識の成長のための気づきと捉え、人間に本来備わっている自然治癒力を生かす統合医療と、調和を大切にした衣食住環境のネットワークづくりに力を入れている。

産婦人科 響きの杜クリニック
〒064-0802 北海道札幌市中央区南2条西27丁目1-9
TEL:011-632-8331

COVID-19感染モニタリングシステム

定期的な「抗体検査」スクリーニングによる職場内モニタリング。
「コロナとの共存」や「アフターコロナ」の時代には、
必要不可欠となる“新しい日常”=“ニューノーマル”
です。

【関係者内部資料】
【内部資料等の取り扱い注意】本資料は関係者向けであり、一般のお客様へのご説明を目的としたものではございません。
本資料の一部、もしくは全文を転用、二次利用及び外部に開示することは固くお断り致します。
一般の方々へご説明する資料として使用されますと法規違反となる恐れがございます。必ず薬機法、景表法を遵守頂きご利用ください。


https://www.watmind.jp/


〒541-0053
大阪市中央区本町2-3-9 JPS本町ビル4階
URL:https://www.eu-d.co.jp/